【成功する人の共通点】チャンスのつかみ方とは!?

LIFESTYLE

【老夫婦2人を気絶させたトロンボーンの少年】

今日は、『成功する人の共通点』をテーマに…

ウォルト・ディズニーのプロデューサーが話していたと言われる「トロンボーンの少年」についてシェアしたいと思います👌

=============
サーカスのパレードで
トロンボーン吹きを
夢見た少年の話
=============

とある少年がいました。

その少年は、サーカスが大好きで、いつも「サーカスの宣伝パレードでトロンボーンを吹きたい!」と思っていました。

たまたまサーカスが町にやってきて、そのサーカスの楽団指揮者が、トロンボーン吹きを探していました。

その少年は、すぐに応募して、ついに…

『宣伝パレードの行進』

の仕事を引き受けることができたんです!


ところが(ゴーン)

=============
少年の音はヒドかった(ゴーン)
=============

なんと、少年のトロンボーンの音があまりにも酷かったため

・老父婦2人が気を失い…

・馬が一匹逃げ出し…

・サーカスはめちゃくちゃに…

なったんです(笑)

そして指揮者は少年に叫びました。

「どうしてトロンボーンが吹けないと言わなかったんだ!!」

すると少年は逆ギレしました。


「どうしてって言われても、今まで一度も吹いたことがないんだから、上手か下手かなんて、わかる訳ないよ!!」


指揮者は呆然とした(がーん)笑


============
この話の教訓
============

きっと、この話を聞いただけでは、ただの “笑い話” で終わるかもしれません。

あるいは “常識的” に考えたら、この少年は「理解されない存在」だと思います。

むしろ「責められる側」かもしれません。

でも

この少年の心構えは、”成功する人の共通点” として、とても大きな学びになります。

その学びとは何か?

============
チャンスを掴む人は
準備ができてなくても
飛び込んでいる
============

ということです。

例えば、成功する日本の俳優や声優、作曲家などは、まずは「コンペ」があればすぐ応募して、チャンスを掴んで成功しています。(酷く下手でも)

なぜなら “準備万全” の状態でコンペ(チャンス)がやってくるなんて、ほとんどないからです。

(下手なのに売れてる俳優、声優、アーティストはたくさんいますよね。ちなみにどの業種でもそう)

タイミングは「やって来るもの」ではなく「こちらが合わせるもの」だということを知っているからです。

トロンボーンの少年のように “準備” が全く整っていなくても、チャンスに飛び込んで行きます。

============
成功する人は
飛び込んでから悩む
============

成功する人は実行した「後」に悩みますが、成功しない人は実行する「前」にクヨクヨして、何も行動せずに終わります。

そして “常識” や “正しさ” に囚われて、数年があっという間に過ぎます。

塚本晶子さんは、どちら側ですか?

人は変わり、チャンスを掴み、成功することができます✨

いつも応援しています😉

コメント

タイトルとURLをコピーしました